Top > "大和撫子"になるために

"大和撫子"になるために

「大和撫子」は、日本人女性を可憐で繊細だが心は強いナデシコの花に見立てて言う美称です。世界的にも恋人や結婚相手として人気のある日本女性。そこに求められているのは、"大和撫子"なのです。一般的なイメージとしては、「おしとやかで芯のとおっている女性」。どの世代にも人気のある女優の吉永小百合さんは日本人のイメージする大和撫子にぴったりです。では、大和撫子になるためには、何が必要なのでしょうか。まずはイメージとして大切な外見から。美しい肌に美しい髪、そして洗練されたファッションが必要です。白く柔らかい肌は女性を美しく見せ、美しい黒髪は見るものを虜にします。ちまたにあふれる様々なファッションから、いかに洗練され、品がいい洋服を見つけられるかがポイントです。次に振る舞い。凛とした佇まいに控えめな仕草、不快感を与えない喋り方も重要です。すらりと背筋をのばし姿勢を正し、食事をするときや、髪をかき上げる仕草は控え目に。女性は指の動かし方が美しさを決めるとも言われています。ギャル言葉やネットスラングの多用は、どんなに身なりがしっかりしていても、品が無くなるばかりです。「しっかりと喋ること」はコミュニケーションの最低条件です。そして、付け刃でない教養と知性。自分の国の政治や歴史を知っていること。何かを知ろうとする過程で身につけた様々な知識は、自分の大きな財産となります。男女平等が叫ばれる昨今、時代錯誤だと思われるかもしれませんが、男性を立てることのできる女性は、他にはない知性があります。男性を立てることと、男性に虐げられることは全く意味が違うのです。最後に、気丈な心と時折見せる少女の顔。パートナーが窮地に立たされたとき、悲しみに明け暮れているとき、気丈さを持たず、パートナーに身を任せてしまうと人生まっさかさまです。

越谷駅から徒歩30秒のモッズヘア越谷店

気丈な心でパートナーの支えになりましょう。大和撫子は、のちのち肝っ玉かあちゃんと呼ばれることをお忘れなく。嬉しいことを嬉しいと顔に出せること、時折見せる無邪気な顔は、「凛として気丈な美しい女性」というイメージの大和撫子をさらに魅力的にすることができるでしょう。

 

関連エントリー